住まい・住宅関連の用語集

住宅用語集「住辞苑」

トップページ > 本畳

 本畳とは、畳床が天然素材でつくった畳のことをいいます。
 本畳は、稲わらでできていて、湿気の吸放湿に優れています。一般に畳とは、和室の床に敷く床材のことをいいます。畳は、平安時代から使われ、日本文化を代表する建材です。畳はマンションなどにも用いられるようになり、いまでも日本家屋において多く用いられています。日本家屋では、畳の大きさを一つの単位として用いられてきました。畳一枚の大きさは一畳といいます。不動産広告でも、部屋の広さを示し、その単位を「J」と表しています。
 畳のサイズには数種あります。木造建築の間取りにおける基準寸法の取り方により、関西方面で使われてきた6尺3寸の畳は京間、中京間、6尺5寸の本京間などがあります。そのほか、江戸間、現代では、団地間などがあり、地方により種類や特性があります。畳の材料として、主にイグサの使用しますが、イグサを使用する場合は、畳を定期的に取り換える必要があります。そこで、現在、マンションなどでは、ビニール製のものなどが多く使用されています。


学生向け賃貸情報ならこのサイト! 学生の部屋探しは専門サイトで見つけよう! 学生の部屋探しは専門サイトで見つけよう! 学生マンション 学生会館 下宿 学生寮