住まい・住宅関連の用語集

住宅用語集「住辞苑」

トップページ > 縄縮み

 縄縮みとは、実測した土地の面積が、登記簿に記載されたものよりも小さいことをいいます。
 縄縮みは、測量技術の未熟な明治初期のものが多く、地方の農地や山林によく見られるものです。また縄縮みには、売買代金の嵩上げを狙った意図的な理由が上げられています。
 なお縄縮み同様に、登記簿に記載されたものと面積が違い、大きくなっているものを、縄伸びといいます。縄伸びは、税負担軽減のために過少申告したことが原因とされています。
 登記所に保管されている公図は、明治時代、地租改正事業で作成された古いものです。しかし、この公図は、地租を低くするために少なく申請していることが多くあるようで、このときに作成された公図の精度も低く、面積は正確でないことがあります。現在、精度の高い地図の作成が行われていますが、法的根拠を失っていても完成までは、その公図を用いることになっているようです。
 ただし実際の不動産取引では、都市部や分譲地を除くと不正確なものが多く、登記簿面積と現況との土地が異なるという問題があります。土地売買契約においては、測量による実測面積での取引が望まれています。


学生向け賃貸情報ならこのサイト! 学生の部屋探しは専門サイトで見つけよう! 学生の部屋探しは専門サイトで見つけよう! 学生マンション 学生会館 下宿 学生寮